奈良大学附属幼稚園について


教育方針

子どもたち一人一人の個性と自主性を大切に育てる事を基本に、心身ともに健康で 円満な人格形成の基礎を培い、創造性豊かな子どもを育てる事を目標にしています。


  • 自分で考え工夫する
    たくましい子に育てます

  • のびのびと自分を
    表現できる子に育てます

  • 社会のルールを身につけた
    協調性のある子に育てます

  • やさしく思いやりの
    ある子に育てます

楽しく、すこやかに学べるシステム

「一人ひとりの子どもを大切に」をモットーに、子どもたちが持つ可能性を自然に伸ばす教育を目指しています。遊んだり歌ったりなど、楽しく行う活動の中で文字の読み書きを覚え、また奈良大学のグランドや講堂などの施設が利用できるため、先進的な教育とスケールの大きな活動が体験できます。

  • キンダーフェスティバル
  • 英語教室
  • 鼓笛隊

園の特色

子どもたちに自由な空間を強く大きく豊かに育つ環境を

  • 子どもの個性を大切に育てる教育
    園児は6クラスに分かれますが、全職員がクラスの枠を越えて温かく家庭的なコミュニケーションをとります。子どもの可能性や能力を伸ばすための、きめ細やかな指導です。
  • みんなで歩いてルールを学ぶ
    通園には原則として徒歩や電車を利用。最寄り駅など決められた場所へ先生とお手伝いのお母さんが送り迎えをし、交通ルールを体でおぼえながら歩きます。
  • 楽しく食べるから好き嫌いなし
    週4回の給食は園内の栄養士によるバランスのとれたメニュー。園内で調理するから毎日できたての食事で、子どもたちの偏食の防止にも効果的です。
  • スロープを使った安全構造 大地震にも安全な建物
    園舎は全館冷暖房完備で快適。そして階段のかわりにゆるやかなスロープを設け、どんなあわてんぼうさんもケガや事故に遭わないよう、すみずみまで心配りがされています。園舎は耐震補強済で大地震にも安全です。
  • 多彩な教育を支える充実の設備
    ホールや音楽設備、視聴覚設備が整い、幅広い教育指導が可能です。また独立した設計の保育室には、各部屋に手洗いとトイレを完備。ただしい生活習慣を学びましょう。
  • 18:00までお子さまを預かります
    学年やクラスを超えたお友だちと交流する機会として、またお仕事を持つ保護者への子育て支援の一環として、登園前は午前8時から、降園後は18時まで預かり保育を行っています。 (土曜日除く 夏期・冬期は終日8時~18時まで)
  • 奈良大学と附属高校の交流で質の高い教育を
    大学のグラウンドを使った運動会や1000人収容できる講堂でのキンダーフェスティバル、大学生・高校生のお兄さん・お姉さんと交流する機会もあります。保護者対象の文化セミナーもおすすめです。

保護者からの声

駅まで送迎してくれたところが良かった。 交通ルールが身に付きしっかりと歩けるようになった。  充実した施設(大学)で発表会や運動会、 お茶会や大学祭など、様々な経験が出来てよかった。  小さい頃から集団生活に慣れて欲しいと思い 入園したので、社会性が身に付いた。  何事にも一生懸命集中して取り組む姿勢が身に付いた。  給食が美味しいので、何でも食べられるようになった。  ゆったりとした教育や、きめ細やかな配慮が良かった。  身の回りのことや、雑巾の絞り方など教えてもらい、 自立した生活習慣が身に付いた。  のびのびと穏やかに過ごせる環境であった。  各行事での熱心なご指導、日々の保育でのきめ細やかな 対応を通して、子どもたちが学んだことは、 計り知れない物だと思っている。 毎朝玄関で園長先生とご挨拶をするなど 挨拶をする習慣もしっかりと身に付いた。 正しい言葉づかいを教えてもらった。

園長よりご挨拶

大和西大寺駅の南の、閑静な住宅の中の可愛いピンク色の園舎が奈良大学附属幼稚園です。子どもたちからピンクの幼稚園と親しまれ、賑やかで楽しそうで元気の良い子どもたちの声が聞こえてきます。

本園は一人ひとりを大切にしながら、「自分で考え工夫するたくましい子」「のびのびと自分を表現できる子」「社会のルールを身につけた協調性のある子」「優しく思いやりのある子」に育てています。

温かい雰囲気の中で子どもたちは色々な体験・経験をし、遊ぶときは思いっきり元気に遊び、みんなでやるときには最後までしっかりやり遂げる子どもに育っています。

そして、子どもの健やかな成長を願い、安心して任せていただける幼稚園として教職員一同頑張っています。目を輝かせ、幼稚園がだいすきな子どもたちでいっぱいです。